皮脂や角質の働き|敏感肌にあった化粧品を選ぶようにしましょう

下を向く婦人

肌に違和感がある時は

顔の手入れをする人

生まれつき敏感肌になりやすい方もいれば、季節や体調、ホルモンバランスの変化に影響されて敏感肌になる方もいます。肌が乾燥しやすくバリア機能が弱くなっているので低刺激の化粧品を使って優しく保湿ケアしましょう。

詳しく見る

エイジングケアもできます

肌ケア

乾燥肌であったり、何らかのアレルギー症状を持っていたりする女性は、高い確率で敏感肌でもある可能性があります。最近では敏感肌の女性も安心して使えるエイジングケア用化粧品なども販売され、また情報サイトなどで多数紹介されているので、そうした中から自分に合うものを探すことができます。

詳しく見る

いろいろな商品がある

美容液

敏感肌の人が増えてきていることもあり、今後は専用のスキンケア商品がどんどん増えてくるかもしれません。最近は通販サイトなどでも、手軽に購入できるようになってきています。まずはトライアルセットから試してみるといいかもしれません。

詳しく見る

ガード機能を高めるために

保湿ケア

皮脂や角質の働き

敏感肌とは、ガード機能が下がった肌のことです。肌は基本的に、皮脂や角質などで守られています。これらが十分に存在していると、肌からは水分が抜け出ていきにくいですし、外部からの刺激も受けにくいのです。しかし皮脂や角質に問題が生じると、ガード機能が下がり、乾燥しやすくなったり刺激を受けやすくなったりします。したがって敏感肌を解消するためには、皮脂や角質を正常な状態にしてガード機能を高めることが肝心と言えます。そしてそのために使われているのが、基礎化粧品です。現在では、環境汚染や食生活の乱れなどにより、肌は栄養不足の状態になりやすくなっています。これが原因となって敏感肌になる人が増えてきているため、それを解消する基礎化粧品の需要は、高まっていくことが予想されています。

肌に必要な成分

なぜ基礎化粧品の使用により、敏感肌が解消されやすくなるのかというと、基礎化粧品には肌に必要な成分が配合されているからです。そのため使用していると、肌の栄養不足が解消され、健康的な状態になっていくのです。具体的には、必要な成分が補充されることで、肌では新しい角質が作られやすくなります。それにより状態の悪くなった角質が除去され、ガード機能が高まっていくのです。さらに基礎化粧品には、皮脂の過剰分泌や酸化を抑える成分も配合されていることが多いです。こういった成分により皮脂の量や質が保たれれば、やはり皮脂により肌は守られやすくなります。こういった成分は、洗顔後の肌に特に浸透しやすいので、基礎化粧品は洗顔のタイミングに合わせて使用することが大事とされています。