皮脂や角質の働き|敏感肌にあった化粧品を選ぶようにしましょう

頬を触る人

肌に違和感がある時は

顔の手入れをする人

季節や体調からの影響も

いつも使っているクレンジングや化粧品を使うと肌がヒリヒリしたり、髪の毛が当たって痒みを感じるという方は敏感肌の可能性があります。敏感肌は肌の表面のバリア機能がきちんと働いておらず、外部からの刺激を感じやすい状態になっています。生まれつき敏感肌の特徴を持っている方もいれば、季節や体調によって症状が変わる方もいます。肌が乾燥するとバリア機能は失われやすくなるため、秋から冬にかけて乾燥する季節やエアコンを使う夏場も保湿は欠かせません。春先は花粉の影響を受ける方もいるため、年間を通して保湿ケアは念入りに行う必要があります。女性の場合は生理前は敏感肌になりやすい傾向にあるので、この時期は特に肌に負担をかけることはなるべく避けるように気をつけましょう。

低刺激の化粧品が安心

市販の化粧品には敏感肌にとっては刺激となる成分が含まれているものは少なくありません。バリア機能が十分に働いている時は使っても問題は無いため、健やかな肌状態であれば使い続けても良いでしょう。しかし、肌につけた時に違和感がある時はすぐに使用をやめることをおすすめします。無理に使い続けることで肌荒れや皮膚疾患を招いてしまうことも考えられるからです。敏感肌でも安心して使える優しい使い心地の化粧品もたくさんの商品が販売されています。低刺激の成分で作られているためバリア機能が弱くなっている方の肌にも優しくなじませることができるのです。敏感肌向けの化粧品のすべてがアレルギーフリーになっているというわけではないので、自分の体調や肌質に合った商品を調べましょう。